memories-T

クラスTシャツの販売で経営は成り立つのか?

クラスTシャツの販売で経営は成り立つのか? クラスTシャツなどのオリジナルのTシャツを販売するには、ドロップシッピングというやり方で、簡単に可能になります。
ドロップシッピングとは、低コスト(あるいはコスト0)でネトショップをオープンすることができるシステムです。
在庫も抱えずに商品を販売することができます。
経営する方法は、オリジナルTシャツを作って売ることができるサイト(ドロップシッピング業者)を選び、登録をし、自分が扱う商品や、あればホームページやブログなどを設定します。
サイト内でTシャツのデザインをアップロードし、価格などの設定をします。
商品の管理から発送までの手続きもドロップシッピング業者が行ってくれます。
そして商品が売れた時には、マージンがもらえます。
ドロップシッピングはコストがほぼ0で、在庫を抱えないところが大きな特徴なので、1つでも商品を売ることができれば利益となります。
よって、クラスTシャツの販売だけでも経営は成り立つのです。

クラスTシャツの販売は何月が一番売れる?

クラスTシャツは運動会や文化祭などの重要な学校行事に欠かせないアイテムで、クラスの一員であることの自覚や誇りを高める効果があります。
クラスの団結やイベントの成功を願う学生たちは、シャツの素材・デザインの細部にまでこだわりを見せます。
クラスTシャツの需要が高まるのは、特別なイベントの数週間~1カ月前で、業者が一番忙しくなるのは、運動会や体育祭が行われる9~10月だと言われています。
この時期になると毎年多くの学校から注文がやって来て、販売業者たちは仕事を奪い合います。
この業界で生き残るために重要なのは、学生のニーズに合ったサービスを提供することです。
多くのクラスは他のクラスと差をつけるために、「自分たちだけのオリジナルTシャツを着たい」と願っています。
お店が用意したサンプルをそのまま使うクラスも少なくないですが、ほとんどのクラスはオリジナルなTシャツを選びます。
そのため、オリジナルTシャツの製作が得意なお店であることをアピールできれば、集客率はぐんと上がります。